毎年恒例のおちゃつさんのブログ主催のアニメアウォーズ。
 

~2014年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど) 
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上)
 

すっかり忘れてましたw

【最優秀作品賞】
戦姫絶唱シンフォギアGX 1 [Blu-ray]
悠木碧
キングレコード
2015-09-30


戦姫絶唱シンフォギアGX
やはり毎週感想書いていたこの作品になりますかね。
曲のクオリティの高さは相変わらずだと思いました。
毎週続きが気になる引き方を行い、いろいろ考察したりと毎週楽しめた作品でしたね。
特に好きな話は第1話です。


【最優秀作品賞:劇場部門】


ガールズ&パンツァー 劇場版
今年見たアニメでは一番良かった作品だと思います。
120分にも及ぶ上映時間、迫力ある戦闘シーン、膨大な各キャラクターに何かしらの出番を与え、ファンが夢見た展開をぶち込んでくる構成にはお見事。
1回見ただけでは情報が処理しきれず、もう4回も劇場に足を踏み入れた作品です。

【特別賞】 

実を言うと・・・選べないw
どれもどっこいどっこいでこれだ!というものがなかったんですよね?

しいてあげとくなら
SHOW BY ROCK!
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
オーバーロード
弱虫ペダル

辺りをあげておきますかね。



【男性キャラ部門】
ウェル博士 (111)

第1位:ウェル博士(戦姫絶唱シンフォギアGX)
2013年ど第2位を記録した彼は、2015年において第1位を獲得ッ!
ほんと再登場した時はホント大興奮でしたね。
ガリィやミカなどのお気に入りの新キャラが退場し、小日向未来の出番があまりなかったのでどうなるかとおもいきや9話ラストのあの登場シーン!
もうアレだけで全て許せちゃいますねw

023a0e6a

第2位:エンブリオ(クロスアンジュ 天使と竜の輪舞)
かなり大物的な立ち位置にいたキャラだったのに、話が進むにつれてエロオヤジになっていくというロボアニメのラスボスらしからぬキャラがどこか印象的だった。
スパロボにでたらどうなるんだろこいつ・・・Wのシンクラインのような扱いを受けるのは確かだw
今年の関俊彦さんは他にもフォレスト・サワタリ(忍殺で一番好きなキャラ。)や立花洸など、どこか印象に残るキャラを演じていましたね。

【女性キャラ部門】

クレマンティーヌ20

第1位:クレマンティーヌ(オーバーロード)
悠木碧さんの悪役演技が最高でした。
以前からゲスな悪役演技似合いそうだなぁと考えていたが、いざ聴いてみると中々ハマってて、今後もこういうキャラを演じてほしいなぁと思いました。

ss09 (2)

第2位:ガリィ・トゥーマーン(戦姫絶唱シンフォギアGX)
放送前は一番地味だったけれど、放送が始まり登場するとGXの新キャラの中でもとりわけキャラが立っていた。
表情豊かなところと、声優さんの演技もよかったが、何よりも本編でギザ歯属性が判明したのがよかったです。

90d75e5b

第3位:佐々木志乃(緋弾のアリアAA)
原作読んでいた時からお気に入りのキャラでしたので。
この作品改めて見るとアリア以外ほぼレズばかりだなぁとシミジミw


【OP部門】


Clattanoia(オーバーロード)

キャラが続々と出てくるのが良かったですね。
曲単体ならExterminate(戦姫絶唱シンフォギアGX)もよかったかな。


【ED部門】

オルフェンズの涙(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)
ただ15年度のED曲の中では映像含めてこれが印象に残りましたね。
まさか紅白の曲になるとは思わなんだ。

 すげぇ放置してて年越しちゃったので去年と違い今回は簡素気味で。
では今年もよろしくお願いしやす。