TOHOシネマズ日本橋まで行って見に行ってきました。
朝座席見たら午前中完売になっててこのコンテンツ舐めてたわ・・・。
予め前売り券買っておいて正解でしたね・・・慌てて座席指定したよ。
なお、入場特典で小説がもらえた。


 

ダイジェストなげぇよ!!!!
ぶっちゃけこの映画の半分近くがTVシリーズの総集編と行ってもいいくらい長かった・・・。
災禍の鎧辺までを詳しく解説したらその後(能美とか)はあっさりすぎるという極端さでした。
まぁ内容大半忘れてる私には腹いっぱいの復習にはなったけど。


クリスマスツリー型のアバター
がなかなかユニークだなぁと思いました。
地割れに落下する際、変形して何かするのかなぁと思ったらただそのまま落下するんかいw

加速世界に謎の黒雲が覆い、東京の一部が加速できない状態に。
現実世界ではあまり何も影響ない模様だけど、主人公側からすれば生きがいを奪われるも同然なのよね・・・。


緑の王グリーングランデ
しゃべるのはかなり稀だそうだ。
確かに最初全然喋らなかったから、喋った時はすごく驚いたw

六王が集結し、共闘する展開はベタとはいえ盛り上がる。
ガルパン劇場版といい、こういう共闘というのが好きなんだなぁと染み染み。
なおその直前に退場しているシアン・パイルw


今回のキーキャラクターである存在、月折リサ
アバター名や過去に関しては特典小説で補完されてました。
とりあえず親父が屑だということはわかりました。 
そして騒動の原因の一端を担う存在、女神ニュクス
声は悠木碧さんだったのか!
超級エネミーという存在で、危険な存在でそれゆえ封印されていたけど、
その割にはかなり脆すぎる封印だったぞおい・・・。


ブラックロータスとシルバークロウの前に助太刀に来るメタトロン・・・。
ってか・・・メタトロンって誰?
というのがアニメ組の率直な感想ですw
原作ではアニメでやった話以降に登場しているキャラだそうで、アニメからかなり後の物語ということになるのかこの劇場版は?
それならなおさらTV版のダイジェストの必要性がますますなくなるのだが・・・。
ただメタトロンの挙動や表情を見る限り、何かハルユキとフラグ立てまくったのは容易に想像つきましたw

リサを説得することで事態を終息。
ニュクスも撃破されず再び眠りにつく行動に。

個人的にニコがものすごく活躍してた印象があった。
面白かったけど・・・まぁ・・・ダイジェストが長すぎたのがちょっとマイナスかなぁと思いました。


主題歌はKOTOKOとALTIMAのコラボ曲。
なかなか良曲だったのでAmazonでそくダウンロードしました。